【男の家庭料理①】ナシゴレン【休日料理シリーズ】

こんにちは。104です。

最近休日に、料理を作ってるんです。

毎日料理をしてくれる妻に感謝の意味もあるんですが、自分の食べたいものを作れるのが良いですね。

もちろん妻の食べたいものを優先しますけどね。

そんな家庭円満にもつながる?男料理を作りたいと思います。

今回は、「母の日」ということで、長男が「ナシゴレン」を作ろうと言い出したので「ナシゴレン」に決定です。

どうも、長男が食べたいだけのようですが。子供の自主性を尊重してみましょう。

 

クックパッドにも「ナシゴレン」のレシピが色々と紹介されている訳ですが、材料も違うしいまいちわからないんですが、自分なりにアレンジしてみてこそのおおざっぱな男料理だと思うので、色々みて自分なりの配合を考えてみました。

 

「ナシゴレン」

インドネシアの代表的な料理。

nasiは、ご飯の意味で、gorengは揚げるの意味です。

インドネシア風チャーハン。

 

初めて作るし不安だったんですが、がんばってみました。

スポンサーリンク

104ナシゴレンレシピ

材料 4人分

鶏むね肉 200g

パプリカ 1個

たまねぎ  1個

◎豆板醤 小さじ 2杯

◎ナンプラー 大さじ 1杯

◎しょうゆ  大さじ 1杯

◎砂糖 小さじ 1杯

◎ケチャップ 大さじ 2杯

◎レモン汁  小さじ 1杯

卵 4個

 

[amazonjs asin=”4062996782″ locale=”JP” title=”男めし入門 60からの手習い (講談社のお料理BOOK)”]

作り方

1 鶏肉を食べやすい大きさにきります

2 たまねぎ、パプリカを、大きめにみじん切りにします。

3 ◎の調味料を合わせてつくります。

4 鶏肉を塩コショウでいためます。

5 だいたい焼けたら、たまねぎとパプリカをいれて混ぜ合わせます。

6 水分がなくなってきたら、ご飯をいれてさらにいためます。

混ざったら、 3で合わせた調味料を投入します。

7 半熟の目玉焼きを上にのせて出来あがりです。

みた感じは、まぁまぁおいしそうです。

最初、調味料配合したときに匂ったらなんか臭いし食べられるのか心配でしたが、ご飯と混ぜ合わせたらおいしくなりましたよ。

 

母の日と言う事で、ほかにも、サラダや、花びらっぽくしたローストビーフやら作りました。

子供たちには、ゼリーを手伝ってもらいました。

 

ナシゴレン食べた感想は、めっちゃうまかったです!

スパイシーだけど甘い感じで、半熟たまごがとろっとしてあいますね。

東南アジアの味がしました。

 

子供たちも、妻も喜んでくれました。

次は、なんの料理を作ろうかな。

[amazonjs asin=”4062996898″ locale=”JP” title=”栗原心平の とっておき「パパごはん」 (講談社のお料理BOOK)”]

[amazonjs asin=”4584166137″ locale=”JP” title=”男の料理基本の「き」”]

食事
スポンサーリンク
シェアする
papa-campをフォローする
104 BLOG

コメント