【キャンプの必需品】安くて使える道具

こんにちわ 104(とし)です。

これからキャンプをやってみようと思っている方のために

これを揃えておけばとりあえずキャンプできるぜっという物を紹介して行きます。

 

 

ずっと続けるかどうかも分からないのに、いきなり高額の道具を揃える必要はありません。

家族や友人たちとの楽しい思い出は、高額なテントや道具で決まるものでは全くないのです。

キャンプの楽しみ方は、それぞれですが不自由な生活を楽しむのも、キャンプの楽しみなのに、家と同じような生活をしても仕方ないですから。

おしゃれキャンプ雑誌で全部揃えると数ヶ月の給料がなくなります。

 

では、極力安く、それでいてちゃんとできるものを紹介していきます。

細かく紹介しすぎても訳が分からないので、私の独断でこれっていうのを軽く紹介しますね。

【テント&タープ】

これがなくては、キャンプできませんから必ず必要です。テントは寝室で、タープはリビングになります。メーカーもいろんなところが出しています。メジャーなのは、コールマン、スノーピークですね。おすすめは、コールマンです。値段もそこそこで、みなが使っているという安心感があります。

得におすすめは、定番のラウンドスクリーン2ルームハウスか、私が現在使用しているウインズライトタープセットです。

どちらも設営が簡単で、初心者の方におすすめです。テントやタープの設営に手間取るとしんどいんですよ。特に夏場は暑いので。

 


コールマン テント ウィンズライトテントタープセット/M [4~5人用] 2000022046

 

【グランドシート】

テントの下に敷きます。テントを汚れや傷が付くのを防止します。また地面から上がってくる湿気と、雨が降った時に浸水を防いでくれます。安いので良いです。必須です。

 


ロゴス ぴったりグランドシート200

 

【テーブル&いす】

テーブルといすが一体化したのは、避けたほうが無難です。最初は、キャプテンスタッグの椅子か、もうちょっとお金を出せるなら、ロゴスがおしゃれな良いの出していますよ。

テーブルは、高さの調整できるのが良いですね。

 

【バーベキューコンロ】

キャンプの定番料理バーベキューをするのに使います。新しく買うなら、これが超おすすめです。ユニフレーム ファイアグリルです。リーズナブルにして、見た目もおしゃれ。バーベキュー台にもなり焚き火台にも使えます。焚き火は、キャンプの醍醐味なので、一石二鳥ですね。高さが低いので、ロースタイルのキャンプに特におすすめです。

 

 

【寝袋 シュラフ】

暑い夏は、ほとんどもぐったりしないんですが、やっぱり無いと困るし寒いと眠れないです。

家族分が欲しいですね。これもとりあえず安いので良いです。冬に行くわけでなければ。

 

とりあえず、これだけ持っていけばキャンプにはなるというのを紹介してみました。

全部そろえても7万円もいかないと思います。

一度揃えると何回も何年も使えます旅行に行くことを思えば、決して高くないと思います。

実際にキャンプに行けば、食材を何にしようとか、どこで遊ぼうとか、色んな楽しいことが待ってますよ。

ぜひキャンプデビューしてみてくださいね!

キャンプ
スポンサーリンク
シェアする
papa-campをフォローする
104 BLOG

コメント