【SFC AVGレビュー】かまいたちの夜【名作】

こんにちは 104(とし)です。

スーパーファミコンの名作アドベンチャー【かまいたちの夜】をレビューしちゃいます。

最近のゲームにはついていけないおっさんゲーマーですが

スーパーファミコンの時代は、一番ゲームにはまった時だったなぁと常々思います。

今のめっちゃ画像が綺麗なゲームもすごいけど、なんか気軽に遊べた時代でしたな。

年も40を越えて分かることも多くなりました。

親のありがたさとかね。

 

 

さて私がはまったゲームの中でも、とくに面白かったゲームがこれです。

発売日が、1994年だからもう20年以上も前に発売されたSFCのサウンドノベル。

SFCの発売の後、ゲームボーイアドバンスやPSでも発売されたけど、このSFC版がやっぱり一番、雰囲気が出てたように思う。

今やっても、まったく古さを感じさせないゲームだからね。

 

ゲームの内容は、一言で言うと、雪山閉じ込められ系サスペンスホラーといった感じ。

ペンション「シュプール」で起きる殺人事件に巻き込まれていく話なんだけど、だいたい

最初やったら、だんだんみんな死んでいって、最後は自分も死ぬ感じだよね。

僕はそうでした。

マルチエンディングなんで、どれが正解かはないんだろうけど、一応の事件解決みたいなんは

かなりあっさりですぐに終わります。

クリアしたあとも色んな話がでてくるので、何回でも遊べるわけだ。

 

あとなんといっても、登場人物が半透明のシルエットで描かれてる点。

これが想像力を勝手に働かせてくれて、とても良い感じ。

 

このゲーム、やっぱり物語の設定がいいなぁと思う。

ガールフレンドとスキーに行くなんて主人公からしたら、たまらないシュチュエーションだね。

まだ付き合ってないんだけど、どう考えても、男からしたらこれは行けるって思うでしょう。

でも付き合う前にいきなり二人で旅行行くなよ!って感じだな。

軽いわ。ヒロイン真理よ。

 

しかもだ。この真理ってヒロインは、スキーが終わった後にわざわざ部屋のベッドで

マッサージまでしてくれるのだ。

反則だろ。これは。

この時点でもうオッケーなはずなんだけどなー。特に何もしなかったなぁ

がんばれよ透もな。ここでがんばっておけば、なんか違うゲームになりそうなんだけど

ここで透が何もしなかったおかげで、サスペンスな感じになって行く訳だ。。。。

 

かまいたちの夜が名作と言われる所以は、ゲームシステム、サウンドもさることながら

物語設定による所が大きい。

だって付き合う前のガールフレンドとスキー旅行だよ。

そりゃたまらんわ。

ドキドキしながらゲームするわ。

恋愛のドキドキ感から、サスペンスのドキドキ感に移っていくあたりがさすがです。

 

なんか、良く分からないレビューになってしまったけど、めっちゃ面白いゲームだから

やってないと人生損してますよ。

もう1回やってみよっと。

 

では、またね。

 

[amazonjs asin=”B000068H6G” locale=”JP” title=”かまいたちの夜”]

 

 

 

[amazonjs asin=”B01N52NL86″ locale=”JP” title=”かまいたちの夜 輪廻彩声”]

コメント