自転車がパンクした?いや、虫ゴムが劣化しただけかも

こんにちは。

先日、子供とサイクリングに行こうとしてタイヤの空気を見たらえらい抜けてるんです。

空気入れを出して来て、シュッシュ入れて満タンに入ったという事で行こうとしたら、シューと空気の抜ける音が。。。。

あー、パンクか。

 

自転車屋さんに持っていく前に、試してください。大半は、これで直ります。

 

正確には、タイヤのパンクではなくて空気を入れるところの虫ゴムが劣化して取れかかっているだけだと思います。

こんなんで自転車屋さんに持っていくのは時間の無駄だし、お金も勿体無い。

さらっとスマートに虫ゴムの交換を試してみましょう。

 

スポンサーリンク

虫ゴム交換にチャレンジ

さてこの虫ゴムですが、ダイソーに売ってます。

108円で、何個が入ってるので、めっちゃお得です。

まずは、空気を入れるところをはずしてみます。

黒いゴムをはずして、締める金属部分を回して完全にはずしてください。

あとは、虫ゴムの付いた金属部分を取り出します。

 

どうですか?

案の定、虫ゴムが劣化して外れていました。

穴が見えるのが分かりますね。

ではでは、交換にチャレンジしてみましょう。

外した3点セットがそのままダイソーの虫ゴム交換セットに入ってるので、取り出します。

まずは、虫ゴムを金属部分にぐいっと押し込みます。

これが、めっちゃ固いです。というかなかなか入りませんが、頑張って入れます。

金属部分を水で濡らすと入りやすいみたいです。

必ずグイグイと盛り上がったところを抜けて上まで押し込んでください。

中途半端にしてると空気抜けます。

根性で入ったと思います。

 

あとは、簡単です。

元通りいれて、金属を少しくるくる回します。

さて空気を入れましょう。

入ったらさっと締めて、黒いゴムを付けて完了です。

どうですか?

空気抜なかったら成功です。

誰でもできるくらい簡単です。

いちいち自転車屋さんに持っていくのが、勿体無いと思いますのでこれくらなら自分でぜひやってみましょう。

お父さんのポイント上がること間違いなしですよー。

 

最近は、虫ゴム不要のこんな便利なのもあります。

安いしアマゾンで買っちゃいましょう。

[amazonjs asin=”B00VWE712S” locale=”JP” title=”BRIDGESTONE(ブリヂストン) 虫ゴム不要のスーパーバルブ 1パック (虫ゴム) VS-5 P3281 VS-5・P3281 A710005″]

生活
スポンサーリンク
シェアする
papa-campをフォローする
104 BLOG

コメント