【モーモールルギャバン】バカで切ないパンティーバンド

野口、久津川で爆死

モーモールルギャバン知ってますか?

もしまだ、聞いたことがない方は、とりあえずyou tubeで聞いてみよう。

人に勧められた音源って、あんまり自分に合わなかったりするよね。

自分も経験あります。けど、教えてくれた友達の手前、

おおぅ、良かったよ。あの1曲目のAメロ良いよねなどと、適当な事言ってしまったりね

そんな事なってしまう可能性も秘めながらも、紹介します。

 

スポンサーリンク

モーモールルギャバンの魅力

結構メジャーだけど、まだブレイクまでしてないバンド

「モーモールルギャバン」

京都出身の3ピースバンド。

男2人、女1人の男女混合バンドだ。

 

メンバーは

ドラム&ボーカル   ゲイリー・ビッチェ

キーボード&ボーカル&銅鑼(どら)  ユコ=カティ

ベース   T-マルガリータ

の3人。

 

普通3ピースバンドって、ギター&ボーカルなんだろうが

ドラム&ボーカルだ。この辺からやばい感じがするね。

だいたいギターいないやん。

ギターどこだよ。

ギターは、キーボードを使ってそれらしく弾いたり

ベースでそれらしい感じを弾くのだ。

 

このバンドの魅力はなんと言っても、ゲイリーだろう。

一心不乱にドラムをたたきながら叫ぶように歌う姿は、男前としか言いようがない。

見た目は、髪の毛モジャモジャの暑苦しいキモイ感じなんだけど。

人を惹き付けるカリスマってのは、こういう人なんだろう。

ドラムがこれまたうまい。

私もドラムを少々やっていたのだが、

ドラムをたたきながら歌うなんて、出来ない。

古くはCCBがやってたけど。

 

キーボード&ボーカルのユコ=カティは、まぁまぁかわいい感じの女性。

クラスにいたら、なんとなく気になる感じ。

狂ったようにドラをたたく姿は、見もの。

 

ベースのT-マルガリータは、もっさりしたおっさんタイプだけど。

この人の弾くベースラインは、かなり聞かせますよ。

 

まずは、この曲を聞いてみよう
「ユキちゃんの遺伝子」

くせになる曲です。変態的な歌詞に、なんか妙なグルーブ感がたまりません。

よくこんな歌詞思い浮かぶなぁ。

モーモールルギャバン – ユキちゃんの遺伝子

 

「ユキちゃん」

ユキちゃんの好きな気持ちが、ストレートすぎるほどに溢れてます。

モーモールルギャバン – ユキちゃん

「サイケな恋人」

ユコ=カティのボーカルが光ります。

サイケな恋人/モーモールルギャバン

 

「悲しみは地下鉄で」

私が一番好きなバラード。

この歌詞がまた泣かせます。自然と涙が溢れてきました。

私が好きな曲 ベスト10に入りますね。

 

悲しみは地下鉄で モーモールルギャバン

 

2枚目のアルバム

「クロなら結構です」

ユキちゃんの遺伝子、悲しみは地下鉄でを収録。聞くべし

クロなら結構です

 

とにかく、このバンドを知らない人は、ぜひぜひ聞いてくだされ。

ゲイリーが「パンティーパンティー」と叫びながら歌う姿は、

魂を揺すぶられます。

後悔はさせないです。聞いてみてください。

 

音楽
スポンサーリンク
シェアする
papa-campをフォローする
104 BLOG

コメント