【レビュー】bluetoothキーボードとタブレットの組み合わせが最強

買いました。bluetoothキーボード。

機種は、「ロジクール K480」

Logicool ロジクール K480BK Bluetooth ワイヤレス キーボード マルチOS:Windows Mac iOS Android Chrome OS 対応

最初に感想言ってしまうと、めっちゃ便利です。これ。

使用目的にもよるんだと思うんだけど、私には最適でした。

 

スポンサーリンク

使用目的

スマホやタブレットでのブログ更新。

これに尽きますね。

スマホやタブレットってやっぱり長文を打つのに向いてないです。ほんま打ちにくい。

入力ミスも多いし早く打てないしイライラしちゃいます。

ちょっと調べものだとかは、そのまま入力した方が手っ取り早い訳ですが、ブログの更新や、長文のメールやlineの返信なんかは、圧倒的にキーボード入力の方が早いですよ。

パソコンからブログ更新した方が良いと思ってたんですが、パソコン使う時間が、夕食食べてからになるので、嫁と被って使いにくいんです。

あとパソコンが古いせいか遅いし重いしで、もっと早く入力できないかなぁと思ってたのがきっかけです。

その点タブレットだと立ち上げる時間もかからないしお手軽に更新できるかもとふと思いつきました。

タブレットといっても、Amazonのfire HD8です。

お金もたいしてかけずにお手軽にブログ更新できたらなぁと思いました。

スポンサーリンク

ロジクールK480の中身

本体サイズと重量は、299×195×20mm 815g

大きさは、ちょうど良いサイズ。重さは、まぁまぁあります。あえて重たくしてるんだと思うけど。持ち歩くにはしんどいです。

いえで使う分には、安定するしちょうど良い感じ。

余分な説明書は一切ありません。

もうこれだけです。

単4電池2本使用です。あらかじめセットされてるので便利。

24ヶ月最大で持つようです。あくまで最大ですよ。

スポンサーリンク

使用感

まずfire HD8を溝にセットします。

おおっ。めっちゃいい感じの角度です。

この溝ってめっちゃ便利ですよ。個別タブレットやスマホとスタンドがあれば良いかもしれないけど、なんせこのキーボードだけで済ませれらるって面倒くさくなくて良い。bluetooth接続も簡単簡単。

スマホにも接続してみました。

このキーボードの売りに、デバイスを簡単に切り替えられるということがあります。左についてる丸っこいのを回すだけで、数秒後にも接続されています。

案外これ便利なんですよね。

実際にタイピングもしてみましたが、思ったより打ちやすい。

カシャカシャ音がしますが、入力してる感じがあります。

初のbluetoothキーボードだったので、心配していたのが、入力が遅延するかなと思ってましたが、すぐに反応してくれてます。

私のたいして早くないタイピングに十分付いて来てます。

スポンサーリンク

メリット

まず値段が安い。

Amazonで2300円くらい。

パソコン改めて買うことに比べたら全然お手軽です。

 

この溝があると無いとで、スマホやタブレットにお手軽に使用できる。

いちいちスタンド準備しなくていいしね。

左横のダイアルを回すだけで簡単に切り替えられるのも良いです。

スポンサーリンク

デメリット

これは、F7でカタカナに変換とか私よく変換するんですが、Fnキーを押しながらしないと反応しません。

ファンクションキーよりもショートカットキーが優先される仕様です。

正直結構不便です。これは。

パソコンに接続する場合だとlogocool optionをインストールすれば良いんですけどね。Androidだと無理なようです。

でも悪いところってそれくらいなんですよね。

スポンサーリンク

総評

長文を入力するような使用目的があれば、絶対に買いだと思います。

気軽にブログを更新しようという気持ちになるし。

こんなに使いやすいんだったら、もっと早く買っとくべきだったと思うくらいです。

あと何気にスクリーンショットのショートカットキーがあるのが、便利だったりします。

Amazonのレビューも非常に多いのでそれだけ売れている商品なんだと思います。

 

パソコン
スポンサーリンク
シェアする
papa-campをフォローする
104 BLOG

コメント